スタッフブログ

2016年3月15日 火曜日

頸椎損傷

名古屋市千種区の女性

現在、麻痺による筋緊張の緩和、痛み・痺れの緩和、動作の改善を目標に施術しています。
施術内容は、四肢・体幹のマッサージ(頚部を除く)、四肢のストレッチ、下肢・体幹の運動訓練等を行っています。
12月9日に胆管炎のため入院。翌日手術される。
手術直後から左膝の痛みと腫れが出て立位困難な状態になる。整形受診で関節が狭くなっており軟骨が出ているとの診断。
ヒアルロン酸注射により痛み緩和される。
退院直後、歩行が安定していなかったため、運動訓練を入れながら訪問再開。
入院前と比べて下肢の筋緊張は緩和しています。それに伴い膝が曲がりやすくなり、下肢の前方振り出しが改善されています。但し、ご本人はあまり自覚できていないようです。
今後も筋緊張・痺れ・痛みの緩和による動作の改善を目標に施術していきたいと考えています。

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

アーカイブ