スタッフブログ

2015年5月2日 土曜日

大腿骨頚部骨折後の方への訪問リハビリマッサージ

名古屋市天白区のグループホームにお住まいの86歳女性

1月6日の夜にベッドから転倒し大腿骨転子部骨折で入院、1月7日に手術、1月19日に退院しました。
現在、左上下肢の疼痛緩和、起居動作の改善を目標に施術を行っています。
施術内容は下肢中心に全身マッサージ、上下肢ROM、仰臥位にて下肢伸展運動(10回)、股関節外転運動(10回)、
端座位にて、つま先上げ・踵あげ(各10回)上肢挙上(10回程度)、手すりを持って立ち上がり訓練(10回程度)、立位にてバランス訓練等を行っています。
可動域制限は、左股関節(屈曲100°程度、外転30°程度)、左膝関節(伸展−5°程度)
1月中は左下肢を動かすと創部痛を強く訴えていました。その後徐々に疼痛緩和。
現在、車椅子等で長時間、股関節屈曲位を取った後にベッド上で伸展すると左大腿部前面に動作時痛を訴えます。完全伸展にて治まります。
3月3日左膝蓋骨上部の浮腫、熱感、圧痛あり。2週間程で緩和するが時折、軽度の浮腫・熱感出ています。
3月31日、スタッフより夜間に左肩と左股関節の痛みが出ていると言われました。左を下にして寝てしまうようなのでクッション等で左が圧迫されないように伝えました。
起位動作は寝返り・起き上がり自立、移乗・立ち上がりは見守りにて行えています。左足に加重すると疼痛を訴えます。
痛みを確認しながら、立ち上がりや立位バランス訓練にて左足加重を行っています。
引き続き疼痛緩和を図り、痛みを確認しながら動作訓練を増やしていきたいと考えています。

大腿骨頚部骨折後の訪問リハビリマッサージの事なら・・・やわら在宅マッサージgood

カレンダー

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

アーカイブ